FX初心者でも簡単FX

楽しみながらFXをしましょう

FXは日本語では外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)と呼ばれます。少ない元手で大きなお金を動かし取引できることが最大の魅力です。専業の個人投資家が取引をしていることもありますし、家庭の主婦が生活費を稼ぐために取引をしている、ということもあります。

 

FXの取引業者に申しこめば誰でも簡単に始めることができます。インターネットで調べるとたくさんの取引業者が調べられます。自分に合った業者を選ぶことが大切ですが、最初はどの業者にしようか迷うかもしれません。いろいろと調べてみることが大切です。
お薦めのFX比較サイト→FX比較

 

身近に取引を実際にしている人がいれば、教えてもらうことができます。インターネット上での口コミサイトも役に立ちます。各取引業者についての良い点がたくさん書かれていますので、自分がどのような取引を望んでいるのかをよく考え、選ぶことが重要です。

 

また、わからないことがあれば、取引業者に直接問い合わせてみることができます。いくつかの業者へ問い合わせをしてみて、親身になって相談に乗ってくれるところを選ぶのもひとつの方法です。このようにして多くの情報を得て、FXを少しずつ学んでいきましょう。そうすれば取引がもっともっと楽しくなります。

FX取引について

FX取引はとても楽しい投資になりまして、ゲーム感覚で行っている人も少なくありません。もちろん、これを本業としてデイトレードのような形で行っている人もおります。さて、このFXですが、一般庶民も手軽に手を出すことができる投資のひとつとなります。

 

実際に為替が関係してくるわけですが、簡単に言ってしまえば、円が高い時に買って、安い時に売る。これが基本になってきます。単純明快ではありますが、実際の為替の値動きというものは、とても難しく世の中の出来事に影響してきますので、一筋縄ではいかないのも事実です。

 

ただ、一般の方がFXを行う場合、大きく売買さえせずに、小額で行っていく分には、とても楽しめるものと言ってよいでしょう。そして、実際にポジションを持ってみるとわかるのですが、世の中の動きというものに関心を持つようになってくるのです。

 

すなわち、経済のことに耳を傾けるようになり、いろいろな世界の情勢の知識につきましても、吸収してくるようになってきます。外国為替証拠金取り引きを行うということは、いろいろな部分で、自分自身の知識までもが豊富になってくるのです。ですから、とても世界観というものが養われていきます。

FXにはチャートが必須になる

FXにはいくつか必要なツールがあります。為替相場を読み取る力が必要になりますので、そのための分析をきちんとしなくてはいけません。もちろん、自力でそうしたツールを作っても構わないのですが、もっと簡単に相場を分析したいのならばチャートを利用することをおすすめします。

 

チャートほど簡単に結果が出せるツールは存在しません。チャートというのは、過去の相場の動きを記録しているグラフのことを言います。チャートの素晴らしいところは、過去の傾向からこれからの相場の動きを予想できるところにあるのです。

 

外貨の取引というのは、何も日本国内だけで行われているわけではありません。世界中で行われているのです。その性質上、取引における活発な時間帯というのは日本のそれとは全く異なります。

 

時差の関係もあって深夜に最も活発化することもありますし、そうした傾向を理解するためにはチャートの値動きを分析して詳しく調べなくてはいけません。こうした分析はFXには必須になります。

 

チャートの分析だけで為替相場の動向を完璧に読み取ってしまう方もいますし、そうした方々は個人投資家であっても一年で数億円という莫大な利益を稼ぐことに成功しています。それくらい、チャートは重要なものだということを知っておかなくてはいけないのです。

FXをするにあたっての損切りをする大切さ

FXは、ハイリスクハイリターンの投資商品です。そのため、利益が大きい分、それだけの損失も大きいわけです。そういう性質を持っているため、FXトレーダーでも負けることはあります。負けることを受け入れる覚悟が必要になります。

 

これは、簡単なことではありません。人間は、勝負をしているときは、勝ちたいものです。負けるのは誰もが、気分がいいはずはありません。そのため、負けるのを最小限にする必要がでてきます。 

 

リスクを最小限にする注文方法が、FXにはあります。買いからエントリーするときや、売りからエントリーするにしても、自分が思っている相場と反対の方向にいくと損をすることになります。 

 

相場というものは、いろいろなパターンがあります。1日を通しての値幅がほとんど動かないときがありますし、また急上昇や急下落のように一方的に動くときもあるなど、さまざまな動き方があります。

 

この動き方を読むことは、正直難しいです。そして、相場というものは一度一方の方向へ動き出すと、もとのところへ戻ってくれないことがよくあります。 

 

そのような性質を相場が持っているため、損切りをするタイミングが大事になってきます。それを誤ってしまうと、損失が大きく膨らみ取り返しのつかない可能性もあるので、気をつけたいものです。